FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
クリスマスも終わり・・・今年もあと一週間を切りました!!

片付け・掃除、年末年始の準備などで大忙しの日々ですね。


おせち製造チームも今週末が正念場!
お客様に美味しいおせちをお届けするために、準備の真っ只中です。


じゃじゃーん!!こちらの大量のお魚たち。

おせち紅さし④

長崎では【紅さし】(ひめじ)と呼ばれている魚です。名前の通り、赤い!日干しすることでさらに鮮やかな色になるそうです。

こちらは 【紅差し南蛮漬け】へと調理されます。


紅差し南蛮漬けとは??

長崎郷土料理のひとつで、長崎のおせちには欠かせない一品です。

まず紅さしを一日ほど干して適度に水分を抜き、油で揚げします。漬け汁は、酢、醤油、砂糖、だし汁、唐辛子などを合わせ、いったん煮立てて冷やしてから漬け込みます。

南蛮漬は、現在ではポピュラーな料理法ですが、もとをたどれば南蛮貿易時代にポルトガル人が長崎に伝えたといわれ(また、中国料理のひとつという説もある)、長崎から全国に広まったものです。ちなみにその当時の日本人は、油で揚げた魚は好まず、酢や香料の入ったものも食べなかったとか。南蛮漬はまさに、おっかなびっくりの異国の味だったようです。

冬の卓袱料理でも出される「紅さしの南蛮漬」。長崎の歴史をひもとくこの一品には、ふるさとを大切に思う心を育てるおいしいきっかけがあるようです。

↓↓
紅さし南蛮漬け



それでは、調理開始!!

おせち紅さし南蛮②

身を崩さないように 丁寧に、丁寧に。優しく、やさしく。


おせち紅さし南蛮①

油で揚げます。7分間じっくりと揚げるので、頭まで食べられる柔らかさになりました。


おせち紅さし南蛮③


料理長特製の南蛮酢につけこんで・・・

「大人からお子様まで召し上がっていただけるように、少し甘めに仕上げました!」 By 料理長


料理長自慢のおせちの一品ができました!!

こちらの「紅差し南蛮漬け」は「手作り長崎おせち三段重」に入っております。

三段重 画素低


一品一品 手間ひまかけて、愛情込めて作るおせちのお届けは 12月31日です。




今週末も頑張って作りますよ~~

ご注文いただいた方、お楽しみに♪♪


スポンサーサイト
2014.12.26 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。