上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
長崎も梅雨入りしましたね。今日も一日じめじめしていますが、

雨に濡れてキラキラ光る 鮮やかなあじさいが楽しめる季節ですね。

長崎では、「あじさいまつり」も14日(日)まで開催されています。

↓↓
あじさいまつり


さてさて、梅雨といえば・・・割烹ひぐち、さいさき屋各店の「ツユ」のお話です。

お重、お蕎麦、うどんに使用しているタレやつゆの基になる

【ダシ】がさらに美味しくなりました!!


鴨そばつゆ


~ ダシへのこだわり ~

① 『鹿児島産かつお節と熊本産さば節』


かつお節厚削り

かつお節は、生産の約7割を占める本場、鹿児島県産。

手間暇かけ、熟練の技で最も美味しい状態のかつお節に仕上げられたものを使用しています。

古来より日本の食文化を支えてきた伝統の旨みを味わって頂けます。


サバ節は、良いサバが獲れることで有名な熊本県天草の牛深で作られた

上さば節を使用しています。


② 『 徹底した温度管理と時間管理 』


だし(時津センター)


95度の温度を保って、「60分」時間をかけてじっくり抽出しています。

95度未満では、旨み成分をしっかりと抽出することができません。

しかし、100℃で沸騰させてしまうと、余計な雑味がでてしまいます。

また、60分じっくりと煮出すことで、旨みの強い濃厚なダシになります。

しかし、火にかけすぎると、えぐみや余計な雑味が生まれてしまいます。

試行錯誤の結果、最も旨みを引き出せる 温度と時間にたどりつきました!!



また、このダシには 「添加物・化学調味料は一切 使用しておりません」

ダシ作りに欠かせない醤油も、特別にチョーコー醤油さんに作っていただきました!


安心してお召し上がりいただけるように、

体に優しい無添加・無化学調味料のだしをご用意してお待ちしております☆★


スポンサーサイト
2015.06.05 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kenjirou2088.blog31.fc2.com/tb.php/488-157976dd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。